遺伝医療支援センター

がんと遺伝の関連性

家族性腫瘍の遺伝⼦検査が患者様⾃⾝、⾎縁者の健康管理、がんの早期発⾒・早期治療に役⽴つ可能性があります。

遺伝性のがんとは?

がんの中には、原因遺伝子が判明している遺伝性腫瘍があります。乳がん、卵巣がん、⼦宮体がん、⼩腸がん、⼤腸がん、甲状腺がん、泌尿器系のがんなどの⼀部に遺伝性腫瘍が含まれます。遺伝性腫瘍には、若年発症、多臓器発症、異時性・同時性発症等の特徴があります。遺伝学的検査によって、原因遺伝⼦の変化の有無を調べることができます
その結果によっては、ご⾃⾝や⾎縁者の⽅のがんの早期発⾒・早期治療に有用な可能性があります。

家族性腫瘍遺伝子検査が受けられます。

2010年12⽉より、新潟⼤学医⻭学総合病院では下記の病気において、家族性腫瘍遺伝⼦検査が受けられるようになりました。家族性腫瘍遺伝⼦検査をお考えの⽅は、遺伝医療⽀援センターにお問い合わせいただくか、主治医にご相談ください。遺伝性乳がん卵巣がん症候群家族性大腸腺腫症リンチ症候群リ・フラウメニ症候群Cowden症候群多発性内分泌腫瘍症1型、2型

家族性腫瘍遺伝子検査が受けられます。お電話でのお問い合わせ 025-227-0352