遺伝医療支援センター

遺伝カウンセリングについて

適切な医学的情報を提供し、必要に応じて専門の医師、社会資源、サポート組織などをご紹介いたします。

当院における遺伝カウンセリングについて

臨床遺伝専⾨医、認定遺伝カウンセラーが、遺伝にまつわる悩み、不安、疑問をお持ちの相談者へ遺伝カウンセリングを行います。遺伝カウンセリングでは、遺伝性疾患の特徴、遺伝学的検査の⽅法、意義、限界、得られる結果の意味を正しく理解していただき、必要に応じて専⾨の診療科、社会資源、サポート組織などをご紹介します。そのうえで、相談者が自律的な意思決定できるように⽀援します。

遺伝カウンセリングの対象

1.遺伝カウンセリングの相談者が妊娠されている場合
(例)
それ以外のご相談の⽅
(例)
3.家族性腫瘍遺伝⼦検査を検討している⽅

当院では下記の家族性腫瘍遺伝子検査が可能です。遺伝性乳がん卵巣がん症候群 家族性大腸線腫症リンチ症候群Cowden症候群リ・フラウメニ症候群 多発性内分泌腫瘍症I型・II型

遺伝カウンセリングの流れ

1.遺伝カウンセリングの相談者が妊娠されている場合

産科婦人科新患外来を受診してください。必ず、紹介状を持参してください。
※現在妊娠していない方、今後妊娠を考えている方は、遺伝医療支援センターにお電話でお問い合わせください。

2.それ以外のご相談の方

遺伝医療⽀援センターに電話でお問い合わせください。受診⼿順、予約⽇時を調整いたします。
(⽉曜:13時〜17時、⾦曜⽇9時〜17時:025-227-0352)

3.家族性腫瘍遺伝⼦検査を検討している⽅

遺伝医療⽀援センターに電話でお問い合わせください。受診⼿順、予約⽇時を調整いたします。
(⽉曜:13時〜17時、⾦曜⽇9時〜17時:025-227-0352)

倫理問題やプライバシーへも配慮
遺伝情報の特殊性

以上のような理由から、遺伝情報は究極の個⼈情報といえるものであり、プライバシー、倫理的に⼗分な配慮が必要とされています。当院の遺伝医療⽀援センターでは、⽇本医学会「医療における遺伝学的検査・診療におけるガイドライン」、厚生労働省「医療・介護関係者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドライン」の遵守に努めています。

家族性腫瘍遺伝子検査が受けられます。お電話でのお問い合わせ 025-227-0352